美肌への近道は自分の肌質を知ること!肌質ごとのスキンケアとは?

●はじめに

キレイな肌を手に入れるためには、自分の肌質を理解し、それに合ったスキンケアを行うことが必要不可欠です。
肌は個人によってに異なり、乾燥肌、脂性肌、混合肌など、さまざまなタイプが存在します。
今回は、それぞれの肌質の特徴と、それに応じた効果的なスキンケアの方法をご紹介したいと思います。

●肌質の分類

肌質の分類

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肌質は、大きく分けて4つにわけることができます。

・乾燥肌
・脂性肌
・普通肌
・混合肌

それぞれどんな状態の肌なんでしょうか?

・乾燥肌
水分量、皮脂の分泌量が両方とも少ない肌になります。
ドライスキンともよばれる、いわゆる常にカサつき状態にある肌です。
乾燥肌のひとは、肌が荒れやすい特徴があります。

・脂性肌
皮脂の分泌量がとても多い肌になります。
オイリー肌ともよばれ、肌がべたついてしまう状態です。
この肌質のひとは、毛穴が目立って開いている人が多いです。

・普通肌
乾燥肌と脂性肌のあいだにある肌になります。
肌の水分量、皮脂の分泌量がちょうどいい状態です。
トラブルが少なく、理想的な肌質といえます。

・混合肌
肌の水分量が少なくて乾燥しているのに、皮脂の分泌が多い肌になります。
インナードライともいい、肌のキメが乱れがちです。
Tゾーンはべたついているのに他の部分は乾燥していたりと、パーツによって肌質が違うのが特徴です。

●あなたの肌質は?簡単診断方法

自分がどんな肌質なのかな?と知りたくても、どうやって調べればいいの?
そんなあなたに、簡単な診断方法があります。

その方法は、洗顔した後スキンケアをせずにだいたい10分程度待つことです。

・乾燥肌の場合
顔に脂が浮きません。
さわっても指に脂は付かない状態です。
肌はつっぱってきます。

・脂性肌の場合
顔に脂が浮いてきます。
さわったら指に脂が付くのを感じます。
肌のつっぱりはないです。

・普通肌の場合
顔に脂は浮きません。
さわっても指に脂は付かない状態です。
肌のつっぱりもありません。

・混合肌の場合
Tゾーンに脂が浮いてきます。
場合によっては他の部分にも脂が浮いてくるかも。
部分的(または全体的)につっぱりがあります。

だいたいこれで、自分の肌質がわかりますよ!

●店肌質別スキンケア

肌質別スキンケア

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の肌質にあったスキンケアをしないと、肌トラブルのもとになります。
それぞれどんなスキンケアをすればいいのでしょうか?

・乾燥肌の場合
水分と油分の両方が足りない状態です。
化粧水と乳液、さらにクリームをしっかりとお肌に補給してあげましょう。

【化粧水】
適量をパッティングします。
とくに乾燥しているな、というところは重ねづけしましょう。

【乳液】
やさしく手でおさえるようにつけます。
化粧水でやったように、とくに乾燥しているという部分に重ねづけしましょう。
乾燥肌の人は、さらにダメ押しでクリームをつけてあげると効果がありますよ。
・脂性肌の場合
顔に残った古い脂を洗顔でしっかり落とすことが大切です。

【化粧水】
適量をパッティングします。

【乳液】
質感が軽めのものを使うのが〇。
べたつきを気にして極端に少なくつけるというのは×です。
一般的に適量とされる量をつけて大丈夫ですよ。

・普通肌の場合
普通肌の方は特別なことは必要ありません。
いつものスキンケアから変える必要はないですよ。

【化粧水】
適量をパッティングします。
なんとなく乾燥してるな、と思ったら重ねづけしましょう。

【乳液】
適量をやさしく手でおさえるようにつけます。
化粧水と同じく、乾燥を感じることがあれば重ねづけしましょう。

・混合肌の場合
混合肌は、水分が不足していることで皮脂の分泌が過剰になっている場合が多いので、水分補給はしっかりすることが大切です。

【化粧水】
たっぷりの量をパッティングします。
つけたあとはさわってみてください。
もちもちになっていると、じゅうぶんに水分が入った証拠です。

【乳液】
適量をやさしく手でおさえるようにつけます。
Tゾーンなど、皮脂が多く分泌される部分は質感の軽めのものを使うのがいいですよ。
化粧水で補った水分が逃げないよう、しっかりフタをすることが大切です。
乳液のあとは、クリームも使ってあげると効果がありますよ。

肌質別のスキンケアをご紹介しましたが、どの肌質もむずかしいことは必要ありません。
自分の肌に合ったスキンケアで、肌をいたわってあげてくださいね。
手に渡ることを考えると、厳格な衛生基準と品質管理はとても重要なんですね。

●ズボラさんにおすすめスキンケア

馬油スキンケア

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

化粧水はともかく、乳液を肌質や部位によって使い分けるのは面倒…
そんなあなたに、馬油はいかがですか?
人の肌と限りなく近い油脂である馬油は、乳液(+クリーム)の代わりにぴったりです。
肌によくなじんで、なじませたあとはべたつきも少ないので、スキンケア後のメイクのりもバッチリです。
宣伝になってしまうのですが…
MAUの馬油は高水準の精製技術で、においが少ないのに100%馬油、他の製品と比べてもよくなじむという高品質仕様です。
もし気になったら、通販ページもチェックしてくれるとうれしいです!

●さいごに

スキンケアは一日や二日で変化を感じるものではありません。
継続的な努力と正しい知識があれば、確実に成果が現れます。
スキンケアは一日にしてならずです!
また、キレイな肌のためには内側からの健康的な生活や心のケアも大切です。
食事や睡眠、ストレスの管理など、トータルなアプローチがより一層効果的な結果を生んでくれるんです。
これからも肌との対話を大切にし、自分にとって最良のケアを見つけていってくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

Share:

Facebook
Twitter
Pinterest
LinkedIn

Social Media

Most Popular

Get The Latest Updates

Subscribe To Our Weekly Newsletter

No spam, notifications only about new products, updates.

Categories

On Key

Related Posts