暑さに負けない!美肌を保つための夏のスキンケアとは?

Date

●はじめに

夏は楽しいイベントが盛りだくさんですが、肌にとっては過酷な季節でもあります。
紫外線、汗、湿度などが肌に与える影響は大きく、正しいスキンケアを怠るとトラブルが発生しやすくなります。

夏の強い紫外線は、シミやそばかすの原因になるだけでなく、肌の老化を促進します。
また、汗や皮脂の分泌が増えることで、毛穴が詰まりやすくなり、ニキビや吹き出物が発生しやすくなります。
これらの問題を防ぐために、適切なスキンケアが不可欠です。

今回は、夏の美肌を保つためのスキンケア方法を徹底的に解説します。

 

●クレンジングと洗顔は大切

夏は皮脂や汗の分泌が増えるため、クレンジングと洗顔がとくに重要です。
朝と夜の2回、しっかりと行いましょう。
とくに夜はメイクや日焼け止め、汗などが混ざり合った汚れを落とす必要があります。

 

クレンジングのポイント

夜のクレンジングでは、メイクや日焼け止めをしっかりと落とすことが大切です。
オイルクレンジングは、油分を含む汚れをしっかりと浮かせることができるので効果的ですが、夏はさっぱりとしたジェルタイプやウォータータイプのクレンジングもおすすめです。

 

洗顔のポイント

洗顔では、肌の表面に残った皮脂や汚れをしっかりと洗い流します。
泡立てネットを使ってしっかりと泡立て、肌に優しく洗いましょう。
こすらないように注意し、洗顔後は冷水で引き締めると効果的です。

 

●保湿も忘れずに

夏でも保湿は欠かせません。
エアコンの効いた室内では肌が乾燥しやすくなります。
軽いテクスチャーの保湿剤を選び、ベタつかない保湿ケアを心がけましょう。

 

保湿の重要性

夏は湿度が高いため、肌がしっとりしていると感じるかもしれませんが、実際にはエアコンや紫外線の影響で肌の内部は乾燥していることが多いです。
乾燥した肌はバリア機能が低下し、外部刺激に敏感になります。

 

おすすめの夏用保湿アイテム

ジェルクリーム:

軽くて水分補給力が高いです。例えば、アロエが100%近く入っているものは、爽やかな使い心地で人気です。

馬油:

馬油は軽い使用感、高い保湿効果、優れた浸透力、抗炎症作用と夏のスキンケアにぴったりです。
べたつき感が少ないのに保湿力が高く、顔だけじゃなく全身にも使える万能アイテムです。

 

●紫外線対策はしっかり

夏のスキンケアで最も重要なのが紫外線対策です。
日焼け止めは必ず毎日塗り、外出時にはこまめに塗り直しましょう。

 

日焼け止めの選び方

SPF(Sun Protection Factor):

UVB(紫外線B波)を防ぐ力があります。
日常使いにはSPF30程度がおすすめですが、アウトドア活動や長時間の外出時にはSPFがもっと高いものを選びましょう。

 

PA(Protection Grade of UVA):

UVA(紫外線A波)を防ぐ力。+の数が多いほど効果が高いです。
PA+++以上があるとうれしいですね。

 

正しい日焼け止めの塗り方

日焼け止めは顔全体に均一に塗ることが大切です。
とくに鼻や頬の高い部分は紫外線を受けやすいので、厚めに塗りましょう。
2〜3時間おきに塗り直すことで効果を持続させます。
外出時には携帯用の日焼け止めを持ち歩くと便利です。

 

おすすめの日焼け止め製品

ウォータープルーフタイプ:

汗や水に強いです。
夏はとくに汗をかいて日焼け止めが流れやすいので、ウォータープルーフタイプを選ぶのが大切です。
ただ、その反面べたつくものも多いので、べたつきが少ないと謳っているものがいいですね!

 

ミルクタイプ:

伸びが良く、肌に馴染みやすいです。
さらさらとした付け心地は、暑さによるストレスも軽減してくれます。

 

●たまにはごほうび、スペシャルケアも

夏のスペシャルケアとして、週に一度の角質ケアや美白ケアを取り入れましょう。

 

角質ケア

古い角質が溜まると、肌のターンオーバーが乱れ、くすみやごわつきの原因になります。
週に一度のスクラブやピーリングで古い角質を取り除きましょう。

スクラブ:

細かい粒子が古い角質を物理的に取り除きます。セントアイブスのフレッシュスキン アプリコットスクラブは、天然成分で肌に優しいです。

ピーリング:

酵素や酸の力で角質を溶かします。
最近は、酵素洗顔料もピーリングに最適なビタミンC配合の洗顔料も手軽に手に入りやすくなってますよね。

 

美白ケア

夏は紫外線の影響でシミやそばかすができやすくなります。
美白ケアとして、ビタミンCやアルブチン配合の美容液やパックを取り入れましょう。

ビタミンC美容液:

ビタミンCはメラニン生成を抑制し、肌の透明感を高めます。

美白パック:

週に一度のスペシャルケアとして取り入れると効果的です。

 

●食事と生活習慣で内側からケアを

美肌を保つためには、内側からのケアも重要です。

 

美肌に良い食事

バランスの良い食事は健康な肌を作る基盤です。
とくに以下の栄養素を意識して摂取しましょう。

ビタミンC:

抗酸化作用が強く、コラーゲン生成を促進します。
柑橘類、パプリカ、キウイフルーツなどが豊富に含んでいます。

ビタミンE:

血行を促進し、肌のターンオーバーを助けます。
アーモンド、ほうれん草、アボカドなどが豊富です。

抗酸化物質:

フリーラジカル(活性酸素)を除去し、肌の老化を防ぎます。
ブルーベリー、トマト、緑茶などが豊富です。

 

水分補給の重要性

夏は汗をかきやすく、体内の水分が失われがちです。
1日に2リットル以上の水を飲むよう心がけましょう。
水分補給は肌の潤いを保つためにも重要です。

 

睡眠とストレス管理

十分な睡眠は肌の再生を助け、ストレスを管理することでホルモンバランスを整えます。
リラックスする時間を持ち、質の良い睡眠を確保することが大切です。

 

●夏特有の肌トラブルとその対策

夏には特有の肌トラブルが発生しやすいので、対策を講じましょう。

 

日焼け後のケア

日焼け後は、肌が赤くなり、痛みを感じることがあります。
冷却ジェルやアロエベラジェルで肌をクールダウンし、鎮静させましょう。

アロエジェル:

炎症を抑え、保湿効果があります。

冷却ジェル:

肌を冷やし、炎症を抑えます。

馬油:

そこでおすすめなのが馬油です。
馬油は保湿力・抗炎症作用・浸透力・再生効果に優れています。
肌の表面にとどまらず、肌の奥まで浸透する馬油はべたつきも少なく使い心地は最高です。
そして、人の皮脂に非常に近い成分をもった馬油は、お肌にもやさしく子どもでも安心して使えます。

 

あせもや湿疹の予防と対処法

あせもや湿疹は、汗や湿気が原因で発生します。
こまめにシャワーを浴び、肌を清潔に保ちましょう。

抗炎症クリーム:

かゆみや炎症を抑えます。
ベビーパウダーや亜鉛クリームも効果的です。

 

虫刺されによる肌トラブル

夏は虫刺されによるトラブルも増えます。
かゆみや腫れを抑えるために、抗ヒスタミンクリームや冷却シートを使用しましょう。

抗ヒスタミンクリーム:

かゆみを抑える効果があります。

冷却シート:

かゆみを和らげ、炎症を抑えます。

 

●さいごに

夏のスキンケアは、紫外線対策、保湿、クレンジング、そしてスペシャルケアが重要です。継続的なケアを心がけることで、美肌を保つことができます。
また、季節の変わり目には肌の状態も変わるため、その時々に合わせたケアを行いましょう。

それではよいスキンケア&馬油ライフを!

More
articles