寒さと戦う冬のフェイスケア〜冬の美肌への近道〜

●はじめに

冬のフェイスケア

 

 

 

 

 

 

 

 

寒い冬が訪れると、外の空気だけでなく暖房の影響もあって、お部屋の中もどんどん乾燥してしまいます。
乾燥した空気に包まれると、肌のしっとり感が一瞬で消え去ってしまいます。
また、冷たい空気のせいで血液の流れもどんどん鈍くなってしまいます。

肌が乾燥すると、そのバリア機能が低下して頼りなくなってしまいます。
バリア機能が低下すると、肌のうるおいがどんどん失われてしまうんです。
うるおいが足りないと、角質層の透明感がどんどん消えていき、血行不良によって顔がくすみがちに。

そして、乾燥が続くと、お肌がザラついたり、小じわが気になったり、たるみがちょっと気になりだすことも。
女性ならではのしっとり感を保ちつつ、ハリツヤのある美しい肌をキープするためには、保湿が欠かせません。
冬真っただ中のいま、しっかりとお手入れする必要があるんです。

今回は、そんな冬のスキンケアには何が必要なのか?を解説しますね。

●冬におすすめのケア方法

クレンジング

 

 

 

 

 

 

 

 

・クレンジング、洗顔はやさしめなものを

乾燥する冬は、肌も乾燥させてしまいます。
強めのクレンジングや洗顔料を使うと、肌に必要なうるおいまで流してしまいます。
春夏とくらべて、やさしめなものを使うのがベターです。
そのやさしめって例えば?となりますよね。
クレンジングだと、オイルタイプよりクリームタイプ、クリームタイプよりミルクタイプを使うと、より肌のうるおいを守れます。
オイルタイプじゃないとメイクが落ちない!という方ももちろんいますよね。
そういう場合は、植物由来のオイルを使ったクレンジングを使うといいですよ。
洗顔料は、アミノ酸系の洗浄成分が入ったものがおすすめです。
アミノ酸系の洗顔料は肌と同じ弱酸性で、洗浄力も落ち着いているので、しっとりとした洗いあがりになりますよ。

・化粧水、乳液は保湿力重視で

スキンケアの基本である化粧水と乳液による保湿は、とくに冬期間においては重要なポイントです。
化粧水で豊富な水分を吸収させた後は、乳液でしっかりとフタをして、うるおいが逃げないようにしましょう。

季節の変わり目、とくに秋から冬にかけては、いままで使用していた化粧水や乳液では物足りなく感じてしまうこともあります。
そんなときは、高保湿タイプに切り替えてみるのもひとつの方法です。
ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミド、アミノ酸系の保湿成分が含まれているアイテムがおすすめです。
乳液は、ワンランク重めなテクスチャのものを使うのも効果がありますよ。

そして、使う量も大切です。
春夏で使っていた量と同じではなく、冬期間においては少し多めに使うことを心がけてみてくださいね。
少しの差でも、グッと効果が変わるんですよ。

・シートマスクで集中ケアも

シートマスク

 

 

 

 

 

 

 

 

シートマスクを使うと、肌の水分量が抜群にあがります。
美容液成分も入っているので、肌にとっては特別なケアになります。
また、化粧水だけだと、成分が肌に浸透する前に蒸発したりして充分に効果が発揮されないことがあります。
シートマスクはその名のとおり、シートで肌を覆います。
蒸発しないよう密閉するので、その美容成分を逃さず肌に浸透させることができるんです。
お風呂あがりの火照った肌は毛穴も開いています。
その状態で使うと、美容成分の浸透効果がより高まるので、お風呂上がりのケアで使うのがおすすめです。
ひとつ注意点も。
注意書きに書いてある使用時間をかならず守ること。
より浸透させたい〜!と、決められた時間より長く肌につけていると、逆にシートに肌の水分をもってかれてしまいますよ。

・マッサージで血行促進を

スキンケアだけが、冬のケアではありません。
冬期間はその寒さで血行が悪くなります。
血行が悪くなると、肌のトーンダウン、くすみにつながります。
そんなときはフェイスマッサージが効果的です。
フェイスマッサージで血行を促進することで、肌のくすみを防ぐことが出来ます。
マッサージをするときは、クリームで肌のすべりをよくしてからすると、肌への負担が少なくなりますよ。
また、マッサージにはリラックス効果もあります。
冬になりがちな気分の落ち込みも、これで明るくなるかもしれませんね!

●冬の肌、こんな落とし穴も

マスク

 

 

 

 

 

 

 

 

今の時代、マスクが当たり前になってますよね。
マスクをしていると、呼気で肌が乾燥しないと思っている方も多いと思います。
じつは、それが落とし穴なんです。
マスクをすると、外が寒かったとしてもその部分はあたたかく、湿度も高い状態になります。
そんな高温多湿の状態だと乾燥しないのでは?いえ、違うんです。
マスクを長時間つけると、マスクの内側の肌に何が起こるんでしょうか?
肌はふやけて、水分を過剰に含んだ状態になります。
そうなると、バリア機能が下がってしまいます。
バリア機能が下がることで、より乾燥しやすい状態になるわけです。
湿度が高いのに乾燥しやすい、真逆にみえて不思議ですよね!

だからといって、マスクをしないというのも難しいですよね。
そんなときは、メイクの上から使えるミスト化粧水がおすすめです。
外出先で定期的にシュッとしてあげることで、肌はよろこんでくれるはずです。

●さいごに

寒い冬の到来で、肌のケアがますます重要になります。
寒さによる刺激や暖房の影響で肌は乾燥しやすくなりますが、正しいスキンケアをすれば、肌はそれに答えてくれます。
冬の肌ケアは継続的な努力が必要ですが、努力に見合った成果はかならずついてきます。
心地よい保湿を心がけ、寒さに負けずに美しい肌を保ちましょう。
寒い季節だからこそ、自分へのご褒美としてスキンケアの時間を大切にし、冬も輝く肌を手に入れてくださいね。

それではよいスキンケアライフを!

Share:

Facebook
Twitter
Pinterest
LinkedIn

Social Media

Most Popular

Get The Latest Updates

Subscribe To Our Weekly Newsletter

No spam, notifications only about new products, updates.

Categories

On Key

Related Posts