0066_xlarge
Ancient natural materials

今再び馬油が再ブーム

馬油の成分は人間の皮脂成分組成と近く、肌になじみ健やかに保ちます。馬油とはその文字の通り「馬の油」のことで、動物性の天然油として知られています。一般的には「バーユ」と呼ばれていますが、地方によっては「マーユ」と呼ばれることもあるようです。

人の皮膚と馬油の相性

hisi
hisi

馬油の成分は人間の皮脂成分組成と近く、肌になじみ健やかに保ちます。馬油とはその文字の通り「馬の油」のことで、動物性の天然油として知られています。一般的には「バーユ」と呼ばれていますが、地方によっては「マーユ」と呼ばれることもあるようです。

古代から愛用された伝統素材

hisi2
馬油の歴史は古く約4000年前の中国騎馬民族の時代から使われていたとされています。5~6世紀頃には中国で活躍した有名な医者・陶弘景が書いた「名医別録」という本に馬油の利用法を記していることから、古くから使用されていることが確認できます。日本へ伝わったのは約400年前。昔から火傷や切り傷など様々な皮膚症状に使われ、現代まで長く愛されてきたのです。